移動手段と宿の確保は最優先に

目的地にたどり着かなければ意味がありません

大人数での旅行はとても楽しいものです。しかし、そのためにはまず目的地へたどり着くための移動手段と、目的地でゆっくり休養を取るための宿が必要不可欠です。他にも食事の手配や観光地での団体入場の予約などはあるにしても、団体旅行や社員旅行では最低でも移動手段と宿だけは確保しておかなければいけません。
団体旅行の場合、通常の個人旅行と異なり多数の部屋を押さえなければいけないので、早めに予約を入れなければ行けませんし、移動手段にしても、特に行楽シーズンになるとバスなどが出払ってしまったりして、意図した手段で移動できない事も考えられるため注意が必要です。

意見の合致も早めに

もちろん、予約を早く行うためには旅行に参加するメンバーの意向も固めておいて、団体旅行に際して何か不都合が出ないかどうかなどをしっかりと把握しておかなければいけません。
せっかくの団体旅行なのですから、参加する人全員が満足出来る内容にするというのは当然のことです。
しかし、時には感じである人が、ある種独断的に決めることで物事をスムーズに勧めることも必要なことです。

費用のことは色々と比べてみましょう

更に気をつけなければいけないのは、費用の問題です。
団体旅行では専用のプランなどが組まれていて、通常料金よりお得に利用できる場合がありますが、中々それらを全て把握することは難しいでしょう。その点、旅行会社などのパッケージツアーであればその心配はありません。