団体旅行の行き先

温泉旅行なら熱海が定番でした

かつて、熱海温泉といえば社員旅行のメッカともいうべき場所でした。熱海温泉は都内からも程よい距離で、特に東京、神奈川、埼玉辺りの企業からは遠くすぎず近すぎず、適度に非日常が味わえる場所として人気がありました。
最近は空路の発達や価格の下落も相まって、海外旅行へ向かう企業も多いようですが、そうなる前は熱海温泉への社員旅行が定番だったようです。

手軽な海外旅行も人気

韓国は、日本から近い国として、お手軽な海外旅行として人気のある国です。また、アメリカの領土であるサイパン、グアム、テニアンなどのマリアナ諸島の島々は、海外旅行としてはかなり費用も抑えられており、南国リゾートでの休暇も楽しめるということで人気が高い観光地です。
東南アジア諸国も同様に人気のスポットで、特にシンガポール、タイ、インドネシアなどは極めて日本人の団体旅行などが行き先として選ぶ事が多い地域でもあります。

国内旅行よりも綿密な計画を

しかし、前述の海外旅行は、国内での団体旅行、社員旅行に比べると色々と考えなければいけないことが多いものです。参加者全員がパスポートを持っていかなければいけないことはもちろん、現地でのガイドの手配や宿の手配は、ひょっとすると言葉の通じない状態で行う必要があるかもしれません。
こうした海外での団体旅行、社員旅行については専門業者に間に入ってもらうことでスムーズに話を進めていくことができるので、早い段階から連絡されることをオススメします。