Category Archive: 社員旅行について

無礼講の社員旅行でも服装には注意を

【社員旅行も羽目を外しすぎずに】
会社によっては、毎年のように社員旅行が計画されているかもしれません。社員旅行は、社員たちの交流の場であるとともに、お互いの苦労をねぎらう場でもあります。そのため、いくら社員旅行と入っても羽目を外しすぎないように、最低限は気を引き締めておいた方がよろしいでしょう。
そこで気をつけていただきたいのが、社員旅行の際の服装についてです。もしも私服禁止の職場であった場合、他人がどのような服装で社員旅行に来るのかはイメージができないかもしれません。特に、ファッションに疎い方などは社員旅行で恥をかいてしまう恐れもあります。そのようなことがないように、社員旅行の前には服装についてもよく吟味しておいたほうが良いかもしれません。

【服装で守っておきたいこと】
社員旅行では、特別にファッショナブルな服装を意識する必要はありません。要は、TPOをわきまえた服装を心がければよいのです。
具体的には、あまりカジュアルすぎたり、装飾品をいくつも身につけたりするのは避けたほうがよろしいでしょう。悪い意味で目立ってしまうことになってしまいます。自分の年齢に見合った、清潔感のある服装にするのが無難だと言えます。
それ以外には、動きやすさも考えておきましょう。社員旅行では自由時間を設けている事も多く、そうなれば歩き回る事も多いです。もしも社員旅行の行き先がハイキングなどであれば、更に歩く時間は増えていきます。そのような社員旅行にハイヒールなどで赴きますと、歩いている内に足が痛くなるかもしれませんし、他の社員たちに迷惑をかけることになってしまうかもしれません。

【誰かを参考にするのも】
まとめますと、「TPOをわきまえた動きやすい服装」を心がけるのがポイントと言えるかもしれません。しかし人によっては「普段はスーツばかりなので、そのような服装も思いつかない」という事があるかもしれません。
そのような方は、他の人の意見やファッションを参考にしてみるのも良いでしょう。直に話を聞いてみたり、ファッション誌やファッションサイトを検索したり、できることは多々あります。また、旅行会社のスタッフに話を訊けば、旅行会社としての視点からアドバイスしてもらえるかもしれません。きちんとした服装で社員旅行を楽しめるようにしましょう。

頼りになる旅行会社を選ぶ

【旅行会社を頼ってみませんか?】
大人になりますと、自分達で団体旅行を計画して楽しむという機会も増えてくるでしょう。小さい頃は両親や学校の先生達が手続き等してくれたかも知れませんが、大人になるとそれらも自分で行うことが増えてくるでしょう。それだけに、団体旅行の幹事に抜擢されると大変です。慣れない仕事のうえに、団体旅行ゆえの責任の重さから辟易してしまうかもしれません。実際に、幹事の経験の少ない方が満足できる団体旅行を実現するのは難しいでしょう。そのような場合は、旅行会社の力を借りる事をお勧めいたします。

【旅行会社は大手が良い?】
テレビCMを見ていますと、大手の旅行会社のCMを見かける機会も多いでしょう。そのため「団体旅行を大手に依頼しよう」と考える幹事の方も多いことでしょう。大手の旅行会社は、やはり安心感が強いです。旅行プランは充実していますし、旅行の時間や場所の選択肢も幅広くあります。大手の旅行会社に依頼すれば、失敗する確率は小さいかもしれません。
しかし、地元で頑張る中小の旅行会社もあります。そのような旅行会社は、大手に負けないように独特のサービスを行っている事があります。また、地元に特化したお得なサービスを行っている事もあります。団体旅行を依頼する際は、それぞれの強みと弱みを理解して依頼すると、より思い出深い団体旅行になるかもしれません。

【団体旅行の準備をしましょう】
団体旅行は大勢の人が動きますので、何より綿密な準備が必要になります。どのようなスケジュールにするか。何が必要になるか。万が一の備えはどの程度必要か……考えるべき点はいくつもあります。このような準備は、なるべく早く行う必要があります。
しかし経験の無い方は、具体的にどのような準備を進めれば良いのか思い付かないということが発生するかもしれません。そのような場合も、旅行会社が力になってくれます。旅行会社は旅行のプロですので、団体旅行に必要な準備や心構えなども熟知しています。団体旅行のプランの相談だけでなく、アドバイスも受けておくと頼りになる幹事になれるかもしれませんね。

交通手段の選び方に要注意

行き帰りの利便性と時間をよく考えて
団体旅行は個人で行く旅行と異なり、大人数での移動になりますから、公共交通機関などを使った移動が主となります。
しかしその選び方次第では、楽しいはずの旅行が、辛く退屈なものになってしまう恐れもあるのです。
例えば、バスでの移動は行きも帰りも、歓談しながら移動できるということで団体旅行の移動手段としては人気があるものですが、バスに長時間乗り続けるというのはけっこう大変なことです。渋滞に巻き込まれたり、事故などに遭えばスケジュールが滅茶苦茶になってしまいます。

値段は高くとも
時間の確実性や速達生を考えると、新幹線や飛行機に軍配があがるでしょう。これらの移動手段は速度があり、遠方への移動時間はバスの数分の一くらいになるという点は無視できません。しかし、人数が多くなれば多くなるほど、費用面の増加は無視できない値になっていきます。
最終的に、遅くても安い方法と早くて遅い方法をとられる方は多いはずです。遅く到着するとその土地の観光は殆どできないかもという不安がありますが、予算は安く済むことがあります。一方、目的地に早く着いて観光に時間を当てたいという方もいるかもしれません。どちらの方が良いかは漢字の方がしっかりと舵取りをしていく必要があるでしょう。

団体旅行には色々と注意点がございます

団体旅行の注意点

団体旅行は色んな地域の雰囲気を楽しむことができる絶好のチャンスです。早く団体旅行が来ないかなと、心をウキウキされている方も多いことでしょう。ただ、団体旅行には団体旅行特有の注意点があるので、気をつけるようにしてください。注意点は色々ありますが、今回はその一部をご紹介いたしましょう。

時間を守らない!

団体旅行にかぎらず、どんなケースでも当てはまりますが、時間を守らないというのは、人として大きなマイナスポイントです。例えば、ご自分がある人と待ち合わせをしているとしましょう。約束は後5分なのにちっとも来ない、時間が過ぎても全然来ないと、待っている身としてはとてもイライラしてしまいますよね。特に団体旅行は大勢で旅行するので、集合場所に遅れると、それだけ多くの参加者に多大な迷惑を与えてしまいます。例え口には出さなくても「あの人のせいで出発時間が遅れた」と思われてはせっかくの団体旅行が台無しになるのは避けられません。くれぐれも時間だけは守るようにしましょう。

管理が不十分!

団体旅行の幹事を担当する方も注意点があります。幹事というのは、大勢の参加者が楽しく団体旅行できるよう、しっかりと管理することが重要です。もし管理が不十分ですと、団体旅行の幹事としての能力が疑われますし、大きなトラブルが発生する恐れもあります。これから団体旅行の幹事を務める方がいらっしゃいましたら、しっかりと管理をするようにしましょう。

幹事について

団体旅行の幹事は、参加者の方々の意見を聞くだけの御用聞きではありません。幹事は予算やスケジュールを元として、確実に、そして参加者の方々に旅行を楽しんでもらえるように、率先して手を売っていく指揮官のような役目も持っています。
団体旅行という大きな作戦を成功させようと思うなら、意見を聞き入れるだけではいけません。時には「駄目だ」と断るのも必要なことですし、場合によっては独断専行で決定をしてしまうことも必要になります。
なぜなら、全ての事柄を、すべての人が完全に納得することはできませんし、それをしようと思うと、たいへん長い時間が必要になります。

団体旅行の行き先からして、全ての人がここが良いということを聞いて回っていると、どこに行けば良いのかわからないというところもあります。

また、団体旅行は個人の旅行と比べると、スケジュールを先に決めておかないと、宿の手配だけでなく、食事、見学などの予約、バス、飛行機、新幹線をはじめとする交通手段を確保する必要があるので、一々決断を先延ばしにしていると、目的地に行くことすらままならなくなります。

独裁政治をしろということではありませんが、時には幹事が周囲の意見を押さえて、最良の手段を取れるようにしておかなければいけません。

もし、それを自分で行うのが難しい場合は、旅行会社に全て任せてしまうのも手でしょう。
旅行会社のパッケージングしたプランであれば、幹事相手には強気な人でも納得してしまうこともあるからです。

秋の行楽シーズン到来

観光シーズン到来
暑い夏が過ぎて、暫くは過ごしやすい気候が続きます。秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋などとよく言われますが、これから紅葉が綺麗な季節にもなってきますので、「行楽の秋」も忘れてはいけませんね。秋は、一年を通じても大変観光に出かける人が多い、観光シーズンでもあるのです。

観光計画を立てましょう
多くの人が観光に行くということは、どうしても混雑が予想されます。観光地の宿命でもありますが、駐車場待ちで何時間も無駄にした、買ったり食したいものが売り切れてしまった、ということはよくあることです。しかし、折角旅行に出掛けたのに、疲れてしまったり、他の方へ意識が行ってしまうようでは勿体ないことです。今はインターネットなどでいろんな情報が収集出来ますので、行き当たりばったりではなく、事前によく下調べをして、無駄がないよう計画を立てましょう。出来るならば、土日や祝日を避けると、のんびり旅行が出来るかもしれません。

団体旅行をしましょう
個人旅行もいいですが、時には団体旅行をしてみるのも良いかもしれません。修学旅行、社員旅行などもこの時期が人気です。大勢で紅葉をみながら秋の味覚を楽しむことも楽しそうです。団体旅行の際は、ツアーなど旅行業者を介した旅行計画がおすすめです。特に宿や航空券は、ある程度旅行業者が押さえていることがありますので、個人よりも予約し易い場合がありますし、個人ではわからないような穴場スポットを取り入れてくれる可能性もあります。

観光シーズンを外すということ

敢えてシーズン外にする意味

観光をするなら、やはり3月、4月、5月の春シーズン。7月8月の夏休みシーズン、10月、11月、12月の紅葉シーズンから年末シーズンに掛けてが多いようです。この時期は、様々なイベントが楽しめるので多くの方が旅行に行くようですが、団体旅行では、あえてこの人気シーズンを外すということも選択肢の1つとして含めてはいかがでしょうか?

例えば、2月、6月、9月はあまり旅行、という感じはしませんよね?前後の期間が長期連休や観光シーズンだったのに比べると、天気はあまり良くない日も多いですし、目立ったイベントもありません。

だからこそ狙い目なのです。団体旅行では宿と移動手段の確保が大変なのですが、シーズンを外すと意外なほどあっさりと予定が入れられる事があるのです。
また、シーズン中は宿側も宿泊費を上げている事が多いのですが、シーズン外は値段を下げていることがあるので、普段は泊まれないワンランク上の宿に泊まることも可能かもしれません。

観光地が閑散期を迎えていれば、それだけ行程にも余裕が持てますし、予約が必要な体験型のアトラクションのようなものも、十分余裕をもって楽しめるのではないでしょうか。

観光地ごとに団体旅行や社員旅行に適したオフシーズンというものは存在しています。例えば、冬場の沖縄というのは狙い目ですし、紅葉シーズンや年末を外した京都というのも、神社仏閣巡りには打って付けです。

団体旅行は幹事の負担をなるべく和らげてあげましょう。

長期休暇の時期になると、団体旅行や社員旅行が盛んに行われていますが、みなさんはどのようなサイトや旅行会社を利用して行かれているでしょうか。
多くの選択肢がありますが、まず団体旅行や社員旅行に行くことになった時、旅行会社に頼むか、自分たちでやるか、に意見が別れると思います。
ここで、旅行会社に頼まず、自分たちで社員旅行などの団体旅行に行くことすると、計画を立てる幹事の負担が非常に重くなってきます。たしかに幹事の方には、旅行プランを自由に選べる権利がありますが、小規模単位のグループ旅行ならいいのですが、大人数の団体旅行ではわけが違います。しかも、それが自分が社員である会社であれば、プレッシャーはなおさらです。
そのように個人に負担をかけることにならないように、大人数の団体旅行などの社員旅行は旅行会社に任せるのが1番です。
その次に待っているのが、どの旅行会社に団体旅行や社員旅行を任せるのか、という選択です。
団体旅行や社員旅行では、みなが行きたいと思う所に行くのがベストですが、実際にはそんな簡単にこと運びません。みなの意見がまとまらず、苦戦するのが関の山です。
しかし、そのような個人の意見もしっかり聞いて、団体旅行や社員旅行のプランを立ててくれる会社に依頼したいですよね。
そのような会社はあるのでしょうか。
実際に利用した方の感想を聞いてみると、個人から団体まで扱っている旅行会社に依頼するよりも団体旅行を専門にガイドしてくれる団体旅行の専門業者の方が評判がいいようです。ぜひ、社員旅行などに行かれる際はそのようなサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

社員旅行先の決め方

社員旅行はいい機会
団体旅行の一つと言えば社員旅行。夏休みなどがあるのでこの夏の時期に社員旅行を行う会社は少ないようです。社員旅行で一番多いのが春先6月、秋の10~11月。普段は仕事のことでしか会ったり話したりしないような人と、或いは話すことすらない社長とも触れ合うことが出来るいい機会でもあります。ですから社員旅行を企画する幹事になったのでしたら、是非失敗のない社員旅行にして頂きたいものです。

行き先の決め方
では社員旅行はどこに行ったらよいでしょうか。慰安が目的なのか、親睦が目的なのかでも行き先は変わってきますので、よく検討してみましょう。行き先を選ぶポイントがいくつかあります。
1)予算で決める
 いくら海外旅行がいい!と言っても予算がなければ叶いません。予算として最も多いのが1泊2日で1人あたり2~3万円の
 ようです。国内であっても、北海道、沖縄、離島などは費用が余分にかかる場合がありますので、旅費や宿泊費などトータル
 費用を検討する必要があります。
2)日程で決める
 冒頭の述べた通り、6月、10~11月が一番人気の時期のようです。会社の繁忙期、得意先との調整、世間の休みなども考慮し
 て決めることも大事です。
3)移動手段で決める
 団体旅行で大変なのは移動手段です。バスを貸し切って移動した方がいいか、電車を利用した方がいいか、無駄がない適切な
 移動手段を考えて行き先を考えましょう。移動ばかりに時間を費やしては疲れてしまうだけです。
4)テーマで決める
 「カニを食べる」「温泉を楽しむ」「世界遺産を見る」など明確なテーマで行き先を決めるのも方法の一つです。何がした
 いかを皆の意見を聞いてみるのもいいでしょう。

人気な社員旅行の行き先
2013年のある調査で、社員旅行先として人気のエリアのベスト3は、「沖縄」「北海道」「神奈川」だったそうです。皆さんも是非参考にして失敗のない社員旅行を実現してみてください。

失敗したくない団体旅行

もし団体旅行の幹事になったら

団体旅行の幹事というのは責任重大です。一人で沢山のことをやらなくてはいけないために、とてもストレスになります。その団体旅行が社員旅行であれば尚更責任が重くのしかかってきます。
こうした団体旅行を考えるストレスを少しでも減らすには、まずは団体旅行に強い旅行会社を味方につけることが大切です。団体旅行では様々な年代を見て総合的に行く場所を判断することが大切です。
例えば若者のサークルなどでの団体旅行ならハードなスケジュールを組むことも出来ますが、
年配層の社員旅行となるとそうもいきません。

どんな層でも楽しめる団体旅行

例えば若者が少なく、年配層の多い社員旅行でありがちなのが、温泉に行くといった団体旅行です。
もちろん社員旅行に一番ありがちなものですが、よく聞く声では、結局は若い社員が年配層への配慮ばかりを優先させられるために、全員が楽しむことが出来ないという声があります。
しかし、パワースポット巡りや、体験型のツアーをこうした社員旅行に盛り込んでみてはどうでしょうか?
自分の体で感じたり、普段できないことをすることで、社員同士の絆が深まることもあります。
ゆっくりすることも良いですが、たまには刺激を団体旅行に盛り込んでみるのも悪くありません。

団体旅行の幹事が把握しておくポイント

団体旅行では行く場所はもちろんのこと、費用や時間などを把握しておくことが大切です。
1日の流れを団体旅行に長けた旅行会社とスケジュール化し、
団体旅行で要るものは盛り込み、要らないものは省くといった方法を取りましょう。