Monthly Archives: 12月 2015

しおりはしっかり作りましょう

旅のしおり

昔、小学生だった頃に遠足に行ったことがありますよね。その時には遠足のしおりを渡されませんでしたか?いつ、どこに行くのかという行程やルールが書かれた紙です。他にも様々な注意が書かれたものになります。皆さんの中にはいざという時にこのしおりを開いて、どうするかを決めるということがあった人がいるかもしれません。それだけあの頃のしおりは大切なものでした。

今でも大切なもの

しかし、大人になった今でもしおりは大切なものです。確かに小学生の頃よりは時間の管理や注意などがしっかりできるようになりましたが、それでも確認用のしおりは必要だと思います。しおりも私たちが大人になった分、内容はより充実したものにしないといけません。昔のしおりは簡潔に予定が書いてあったり、決まり事が書いてあったりしただけですが、もし団体旅行を計画しているのでしたらその緻密な予定を書いておいた方がいざという時のためになります。交通手段の情報や連絡手段を載せ、迷ってしまった時の助けにしましょう。他にも簡単な地図や観光地の入場料などの情報も入れておくとより中身のあるしおりになります。

大切なことは

しおりに大切なことは、情報量を多くすることです。これがあれば他の資料がなくても大丈夫というくらいが丁度良いのです。分厚すぎると手持ちにできないのである程度は纏めることが必要ですが、何枚もパンフレットや手帳を出さなくても済むようにすることがしおりの目的です。もし旅を計画されている方がいらっしゃいましたら、どういった内容の旅にするのかを一度下書きのしおりに書いてみてはどうでしょうか。そうすることで旅の行程に無理がないか再確認することができますし、無理がなければそれをそのまましおりにできます。無理のない楽しい旅にしましょう。