Monthly Archives: 1月 2017

旅のしおりで順調な旅行を実現しましょう

【重要な旅のしおり】
学生の際、野外活動や修学旅行などで旅のしおりを作ったことはあるでしょう。そのため「旅のしおり」と聞くと、学生が作るようなものと思われるかもしれません。しかし実際には、旅行においてしおりを作ることは、学生に限らず有効なことなのです。これから団体旅行や社員旅行をお考えでしたら、しおりの制作も同時にお考えになられると良いでしょう。ただし、その作り方がわからないという方もいらっしゃると思いますので、最低限でも記載しておくべき具体的な内容をご紹介いたします。

【旅のしおりに欠かせない記入事項】
1.スケジュール・・・団体旅行や社員旅行は、各自が自由気ままに行動するというわけにはいきません。そのため、事前にスケジュールを立て、しおりに記載して置かなければいけません。なるべく細かく、時間に余裕を持ってスケジュールを立て、それを忘れず記載しておきましょう。特に、イベントの開始時間と終了時間、ホテルチェクイン・チェクアウトの時間は必ず含めておきましょう。
2.重要な持ち物・・・現金などはもちろん、クレジットカードや免許証、海外ならパスポートやビザが必要になります。基本的に、団体旅行の参加者は大きな荷物は不要ですが、決して忘れてはいけない重要な持ち物だけでも明記しておきます。
3.緊急時のマニュアル・・・団体旅行は、必ずしも順調に進むとは限りません。事故に巻き込まれたり、病気に罹ってしまったりといったことが発生する恐れがあります。その時に備えての緊急連絡先や、どのように行動すればいいのかのマニュアルなどを記載しておくと万が一のときも安心です。

【不安な方はご相談を】
旅のしおりは非常に重要なもので、インターネットで検索すれば数々のテンプレートが見つかることでしょう。基本的にはそのテンプレートに従えばよいのですが、より充実したしおりにしたいという場合もあるでしょう。そのような方は、旅行会社の方とご相談いただくのもおすすめです。予めどのようなことを記載しておけばいいのか相談に乗ってくれるかもしれません。団体旅行・社員旅行は事前の準備が何より重要ですので、旅のしおりを作っておくことをおすすめいたします。