Monthly Archives: 2月 2017

無礼講の社員旅行でも服装には注意を

【社員旅行も羽目を外しすぎずに】
会社によっては、毎年のように社員旅行が計画されているかもしれません。社員旅行は、社員たちの交流の場であるとともに、お互いの苦労をねぎらう場でもあります。そのため、いくら社員旅行と入っても羽目を外しすぎないように、最低限は気を引き締めておいた方がよろしいでしょう。
そこで気をつけていただきたいのが、社員旅行の際の服装についてです。もしも私服禁止の職場であった場合、他人がどのような服装で社員旅行に来るのかはイメージができないかもしれません。特に、ファッションに疎い方などは社員旅行で恥をかいてしまう恐れもあります。そのようなことがないように、社員旅行の前には服装についてもよく吟味しておいたほうが良いかもしれません。

【服装で守っておきたいこと】
社員旅行では、特別にファッショナブルな服装を意識する必要はありません。要は、TPOをわきまえた服装を心がければよいのです。
具体的には、あまりカジュアルすぎたり、装飾品をいくつも身につけたりするのは避けたほうがよろしいでしょう。悪い意味で目立ってしまうことになってしまいます。自分の年齢に見合った、清潔感のある服装にするのが無難だと言えます。
それ以外には、動きやすさも考えておきましょう。社員旅行では自由時間を設けている事も多く、そうなれば歩き回る事も多いです。もしも社員旅行の行き先がハイキングなどであれば、更に歩く時間は増えていきます。そのような社員旅行にハイヒールなどで赴きますと、歩いている内に足が痛くなるかもしれませんし、他の社員たちに迷惑をかけることになってしまうかもしれません。

【誰かを参考にするのも】
まとめますと、「TPOをわきまえた動きやすい服装」を心がけるのがポイントと言えるかもしれません。しかし人によっては「普段はスーツばかりなので、そのような服装も思いつかない」という事があるかもしれません。
そのような方は、他の人の意見やファッションを参考にしてみるのも良いでしょう。直に話を聞いてみたり、ファッション誌やファッションサイトを検索したり、できることは多々あります。また、旅行会社のスタッフに話を訊けば、旅行会社としての視点からアドバイスしてもらえるかもしれません。きちんとした服装で社員旅行を楽しめるようにしましょう。